『太っている』という定義について

BMI

『太りたい』という悩みを持つ人は、一定数、確実にいるのですが、でも『太っている』という定義はどういうものなのでしょうか?

 

一般的に、肥満度を表す体格指数としてはBMI(ボディマス指数)が知られています。BMIは簡単な計算式で求められるので、世界中で広く使われています。

 

(計算式)BMI=体重(kg)÷身長(m)の2乗

 

で表されますが、例えば、身長160cm (1.6m)、体重50kgの場合、BMI=50÷1.6の2乗で、19.53という数値が得られます。身長はセンチメートル(cm)ではなく、メートル(m)単位で計算するのがポイントです。

 

BMIの計算式は世界共通なのですが、実は、肥満の判定基準は国により異なっているんです。世界保健機関(WHO)の基準と、日本肥満学会の肥満基準を比べてみましょう。

 

状態 WHO指標 日本肥満学会指標
痩せすぎ 16.00未満 概念無し
痩せている 16.00〜16.99 18.50未満
痩せぎみ 17.00〜18.49 概念無し
普通体重 18.50〜24.99 18.50〜24.99
前肥満 25.00〜29.99 概念無し
肥満(1度) 30.00〜34.99 25.00〜29.99
肥満(2度) 35.00〜39.99 30.00〜34.99
肥満(3度) 40.00〜 35.00〜39.99
肥満(4度) 概念無し 40.00〜

 

日本肥満学会のBMI指標の特徴

日本肥満学会のBMI指標

世界保健機関(WHO)のBMI基準と、日本肥満学会のBMI基準を比べてみると、普通体重の範囲は同じです。

 

ただし、日本肥満学会のBMI基準には「前肥満」という概念が無いため、世界保健機関(WHO)のBMI基準よりも一段階上の評価基準になることが分かります。

 

具体的に言うと、BMI値33の人は、WHO基準では肥満1度に分類されるけれど、日本基準では肥満2度に分類され、より厳し目の評価がなされるということです。

 

これは理由が無い訳ではなく、米国でも、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)では、アジア系アメリカ人は内臓脂肪がたまりやすいため、BMI値23以上から注意すべきだという見解を示しています。

 

そういう背景はありますが、日本人(を含む、アジア人)の方が、肥満に対してより厳しい数値判断を示される傾向がある、ということは知っておいて良いでしょう。

 

『太っている』という定義

先の表に従って、日本基準のBMI値で考えると、『太っている』という範疇に入るのは、BMI値25以上ということになります。

 

先ほどの例で、身長160cmのケースでいうと、体重64kg以上になります。日本人女性の平均体重が、30歳時点で51kg強(平均身長は約159cm)ですから、10kg以上の乖離があるということになります。

 

太りたい、もうちょっと健康的な身体になりたいという場合、BMIの数値的に『太っている』値を目指すのは現実的ではありません。まずは、痩せている状態を脱するところを目指してみると良いです。

 

身長160cmの例で言うと、体重47kgぐらいが、痩せ過ぎと標準体重の境界ラインになってきます。

 

まずは無理せず、標準体重を目指しましょう!

 

太るサプリの選び方TOP

TOPページでは、体重を増やして健康的な身体になりたいと考えている人のために、体重を増やすには消化酵素の働きが重要であることを説明し、おすすめのサプリメントを紹介しています。